業務内容

  • ウェルネストークンエコノミー
    のプロデュース

    既存事業のビジョンの実現と課題の解決をブロックチェーン技術とトークンエコノミーで次のステージへ導く。
    初期段階ではフィージビリティスタディからホワイトペーパーの作成まで多岐にわたり支援。

  • 発行体事業の
    経営支援

    トークンの発行体事業としてシニョリッジ(通貨発行益)を重要視した経営コンサル。
    経験の浅い発行体事業はプラットフォーマーの視点に陥りやすく、手数料徴収で利益を上げようとする経営方針になりやすい。しかし、本質的には発行体の資産はトークンであるとことから、その資産を活かした利益はシニョリッジとなる。

  • トークン設計およびトークン
    エコノミーの構築支援

    持続可能な事業としてのトークンエコノミーを構築する必要がある。
    経験の浅いトークン設計は支払い手段としての視点に陥りやすく、一方通行の利用のみでトークンの利用が限定的になりやすい。トークンエコノミーの本質とはトークンが循環してこそ、トークンの価値を最大化できる。

  • バウンティ企画、設計、
    運用支援

    トークンの循環の中心となるのがバウンティである。バウンティに参加したトランザクションが個人のポートフォリオとなる。ポートフォリオが充実することで過去の信用と未来の信頼から個人に帰属した社会と経済を目指す。

  • 発行体の健全なトークン管理の
    スキーム構築支援

    コンプライアンスの遵守、内部統制のフロー構築、セキュリティの設計など、発行体が健全にトークンを管理する必要がある。

  • トークンエコノミーシステムの
    企画、設計支援

    トークンエコノミーをゴールとしたウォレット、バウンティなどのシステム開発。

  • その他

    外部に、持続可能なトークンエコノミーを構築するためのブロックチェーンおよび仮想通貨業界のスペシャリストを結集したスペシャルチームを創設。
    その支援を受けて、資金調達、リーガルチェックなども請負う。


Flow of token economy constructionFlow of token economy construction

  • Step 01

    フィージビリティスタディ(実現可能性の検証)

    1ヶ月〜2ヶ月

  • Step 02

    ホワイトペーパー(目論見書)制作

    1ヶ月〜2ヶ月

  • Step 03

    システム開発とローンチ、バウンティ運用開始

    6ヶ月〜12ヶ月

  • Step 04

    日本国内と海外取引所への上場

    6ヶ月〜12ヶ月

  • Step 05

    経済圏発展のための成長

    エンドレス

CONTACT

トークンエコノミーの活用について
ご興味がございましたら、
まずはお気軽にご相談ください